ペットフードについて

涙やけ対策にオススメのドッグフードとは?選び方のポイント

#ドッグフード #ドッグフードおすすめ #涙やけ

愛犬の涙やけが気になるという飼い主さんは少なくありません。涙やけ自体は病気やトラブルではありませんが、犬に涙やけができるのは必ず原因があります。涙やけができやすいときは、アレルギー・身体機能的なトラブル・病気などのトラブルがひそんでいることもあります。したがって、放置したり対策を先延ばししたりするのは、望ましくありません。
そして、ドッグフードを変更することで、涙やけの対策になるケースがあります。この記事では、愛犬の涙やけ対策にオススメのドッグフードをご紹介するとともに、選び方のポイントについて解説します。さらに、ドッグフード以外のケア方法もご紹介しているので、愛犬の涙やけを気にしている飼い主の方はぜひ参考にしてください。

1)涙やけにドッグフード選びは効果があるの?

愛犬の涙やけ対策として、ドッグフードを変更する、という話を耳にされたことはありますか?聞いたことがあっても「結局、ドッグフードを変更する程度で涙やけの対策ができるの?」と疑心暗鬼の飼い主さんもいらっしゃることでしょう。この章では、涙やけに効果的なドッグフード選びについて解説します。

 1-1. 涙やけとは?

最初に涙やけが何を指すのかについて確認しておきましょう。涙やけは、流涙症(りゅうるいしょう)が原因で起こります。流涙症は、涙が過剰に分泌されてしまう、もしくは涙の通り道に異常があって鼻にうまく排泄できないなどの状態になると、涙が目からあふれてしまいます。これを流涙症といいます。

一般的には、流涙症により多量の涙があふれることによって目の下に常に涙で濡れた状態になり、涙の成分によって毛の色が赤茶色に変わる。こうして涙やけは起こります。涙やけ自体が大きな病気というわけではありませんが、涙があふれるにはさまざまな原因があります。また、涙やけは白色や薄い色の毛の犬でとても目立つので、愛犬の見た目を気にする飼い主さんもいるでしょう。従って、涙やけが出来たときには根本の原因を突き止めて対策を取ることが大切です。ちなみに、涙やけができやすい犬種もあります。

短頭種(鼻の短い犬種)・・・シーズー・フレンチブルドッグなど

小型犬・・・トイプードル・チワワ・ポメラニアン・マルチーズなど

毛色が薄い犬種(毛色が薄いと涙やけが目立ちやすい)

涙やけができやすい犬種の飼い主さんは、目の下のあたりを日ごろから意識するようにしましょう。

 1-2. 原因によってはドッグフードの変更は効果的

涙やけの原因は一つではありません。主な原因だけでも以下の例があります。

・アレルギー(花粉症や食物アレルギー)

食べ物や花粉、ハウスダストなどによるアレルギーが目のかゆみや炎症を起こすし、流涙症につながります。また結膜炎や目をかくことによる角膜潰瘍で常に涙があふれる状態になるため、涙やけができやすくなります。

・身体機能的なトラブル

鼻涙管が生まれつき細かったり、形が異なっていたりする場合などは目から鼻にうまく水分が流れず目から涙があふれだし、涙やけを起こしやすくなります。涙の排泄経路のトラブルになります。また、逆さまつ毛の犬も目に毛(異物)の入った状態が続くため角膜への刺激や目の痛みなどによって涙の産生量が増加し、涙やけを起こしやすいです。

・目や鼻の病気

結膜炎・チェリーアイ・鼻炎など、目や鼻の病気にかかっているときには涙が出やすくなり、涙やけを生じやすくなります。

・目の水分不足

まぶたにはマイボーム腺という脂を出す腺があり、その脂によって目の表面に涙は保持されます。マイボーム腺の機能が加齢やホルモンバランス、細菌感染などにより落ちてしまうと、涙が目の表面から流れ落ちてしまいます。このように目の表面への涙の保持が低下し目の水分不足につながり、涙やけを生じやすくなります。

・ゴミやほこり

ゴミやほこりが原因で涙やけが生じるのも、よくあるケースです。慢性的にならないようにするためのケアを続けるとともに、部屋の環境をチェックしてみましょう。

・ドッグフードの内容

フードの内容が合ってなかったりアレルギー物質が含まれていたりするときには、フードが原因で涙やけが生じやすくなります。上記をふまえると、ドッグフードの内容が原因となっているときには、フードを変更することで涙やけ対策への効果が期待できます。また、病気の予防や水分不足などには食生活が密接に関係しているため、健康に良いドッグフードを摂取することは中・長期的な視点でも非常に効果的です。

 1-3. 動物病院で診断を受けた方が良いケース

涙やけに対しては、様子を見ながら原因を取り除いていく形が基本的な対策方法です。しかし、涙やけの原因が病気の場合は、動物病院で治療しなくてはなりません。涙やけにつながる病気や疾患の主な例は以下のとおりです。

・鼻涙管閉塞

鼻涙管閉塞とは、涙の廃液ルートである鼻涙管がつまってしまう病気です。人間もたくさん涙を流したときには鼻がグズグズするように、犬も涙が溢れそうになると鼻から排出します。鼻がつまっていると目の周りに涙があふれてしまうため、涙やけの原因になります。鼻涙管閉塞は、先天的なものと後天的なものとがありますが、いずれにせよ動物病院で処置をすれば治療可能です。

・眼瞼内反症

眼瞼内反症とは、まぶたが内側にめくれてしまう症状のことです。長期間放置しておくと結膜炎や角膜炎に発展することがあります。主な治療法は、外科手術です。

・重いアレルギー

アレルギーの症状が重いときに誤ってアレルギーの食材を摂取してしまうと、命の危険につながることもあります。まずは動物病院を受診し、どの物質(食材)にどの程度のアレルギーがあるのかを明確にしておきましょう。また、病気ではありませんがまつ毛の生え方に異常が見られるケースでも動物病院で処置を受ける必要があります。

2)涙やけ対策ドッグフードの選び方|4つのポイント

ドッグフードを使って涙やけの対策をしたいとき、具体的にどんなドッグフードを選べばよいのでしょうか?この章では、ドッグフード選びの際に欠かせない4つのポイントを解説します。

 2-1. 良質なたんぱく質を含んでいること

どうしても涙やけ対策を強く意識しすぎると、普段ドッグフードを選ぶ際に意識している健康面や安全面がおろそかになりがちですが、フードの本来の目的は健康維持と成長促進です。そのために大切なものが、新鮮なお肉や魚を主原料とした良質なたんぱく質です。良質なたんぱく質は、愛犬にとって貴重なエネルギー源になり、健康維持につながります。

 2-2. 消化が良い

消化の悪いドッグフードを日ごろから摂取していると、健康不良につながり鼻涙管のつまりを招くことがあります。愛犬にとって消化の悪いフードの成分は以下のとおりです。

・主原料が穀物

犬は雑食ですが、人間よりも肉食に近く、穀物の消化は人間よりも苦手です。低価格のドッグフードは、消化の悪い穀物を多量に使用していることがありますので注意が必要です。

・オイルコーティングされている

味や香りをつけて犬の食欲を喚起するために、オイルコーティングされているドッグフードもあります。オイルそのものが消化しづらいことに加えて人工の添加物を併用されることも多く、結果的に消化が悪くなります。

・牛乳・甲殻類(エビ・カニなど)・人間の食べ物(お菓子)など

ドッグフードに含まれる成分というわけではありませんが、消化の悪い食材をえさやおやつに加えて与えている方は、注意が必要です。これらの食材を多量に与えたり、長期的に与えたりしていると、体調不良につながることもあります。

 2-3. 添加物の質

人工の添加物のなかには、涙やけの原因になりうる物質もあります。ここでご紹介する添加物は涙やけの有無にかかわらず、犬の健康にとって悪い影響を与える可能性もあります。特に注意すべき添加物は以下の添加物です。

・エトキシキン

酸化防止剤として海外のウェットフードに含まれていることがあります。毒性が強いため日本のドッグフードでは使用を認められていませんが、海外のドッグフードを使用する際には注意が必要です。

・BHA/BHT

BHTに発がん性リスクが示唆されているため、非常に危険性が高いとされている食品添加物です。消化器官の出血リスクについても報告されています。酸化防止剤として多くのドッグフードに使用されている(使用の上限値は法律で指定されています)ため、慎重に原材料表示をチェックしましょう。

・亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムは、お肉の防腐剤として使用されている添加物ですが、さまざまな作用が示唆されています。日本の法律では使用の上限値が設定されています。ドッグフードの食品添加物について詳しく知りたい方は「ドッグフードは無添加がいいの?健康に良いものとは?」の記事に詳細を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 2-4. アレルギー成分が含まれていない

アレルギー体質の犬の場合は、低アレルゲンのドッグフードを選ぶことが涙やけ対策になります。アレルギー対策をするには、まず愛犬がどの物質に対してアレルギーを感じるのかを検査する必要があります。一般的に、犬がアレルギーを生じやすいのは、以下の食材です。

・卵
・牛乳
・穀物
・魚介類
・果物

しかし食物アレルギーの場合は、アレルゲン特定が難しいという側面もあります。気になる症状がある場合には本当に食物アレルギーかも含めて動物病院で検査した上で、食事について相談してください。

3)オススメの涙やけ対策ドッグフード

前章の内容をふまえて、最適なドッグフードを選ぶにはどうすればよいでしょうか?ポイントをまとめると、涙やけ対策をする際に望ましいドッグフードは、良質なたんぱく質を多く含み、害悪の生じうる物質をできるだけ含んでいないフードです。

例えばビューティプロドッグは着色料無添加で国産チキンを使用しているため、おすすめできます。ビューティプロドッグにはいくつか種類がありますので、いくつかご紹介しますので、参考にしてください。

ビューティプロドッグダイエットでは原材料に鶏肉(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、チキンレバーパウダー)・魚(フィッシュエキスパウダー、マリンコラーゲン、小魚粉末(DHA、EPA/オメガ‐3脂肪酸源))を使用しているため、おすすめです。

ビューティープロ ドッグ ダイエット 1歳から

●獣医師監修。
●関節・皮膚・被毛の維持にコラーゲン3000mg/kg配合。
●たんぱく質量とおいしさを維持したまま、脂肪分約40%・カロリー約20%カット。
(ビューティープロ ドッグ 成犬用比)
●食物繊維配合でおなかに満腹感を与えます。
●総合栄養食。

詳しく見る

理想体型(=肋骨に簡単に触れることができる)であれば、ビューティプロドッグ低脂肪、あるいはビューティプロドッグ成犬用がおすすめです。

ビューティープロ ドッグ 低脂肪 1歳から

●獣医師監修。
●関節・皮膚・被毛の維持にコラーゲン3000mg/kg配合。
●たんぱく質量とおいしさを維持したまま、脂肪分 約40%カット。
(ビューティープロ ドッグ 成犬用比)
●リコピン配合。トマト由来。
●総合栄養食。

詳しく見る

ビューティープロ ドッグ 成犬用 1歳から

●獣医師監修。
●関節・皮膚・被毛の維持にコラーゲン3000mg/kg配合。
●たんぱく質 25%以上。
●リコピン配合。優れた栄養バランスで免疫力を維持。
●総合栄養食。

詳しく見る

4)ドッグフード以外の涙やけ対策

品質の良いドッグフードの選択は、とても効果的な涙やけ対策の方法のひとつです。ただし、ドッグフードの変更以外にも取れる対策はいくつかあります。ここでご紹介する5つの方法を実践すれば、涙やけの対策はより盤石になるでしょう。

 4-1. 目元の毛をカット・汚れの拭きとり

目の周りに毛の多い犬種は、涙がたまりやすいため涙やけしやすくなります。また、目の周りの汚れをそのまま放置していると汚れが付着しやすくなります。ただし、目元のカットは失敗すると愛犬を傷つけてしまう可能性があるため、自信の無い方はトリミングサロンに依頼しましょう。また、目の周りの汚れをきれいにするときにも、力を入れてごしごしとこすると皮膚を傷つけてしまうかもしれないので、ていねいに優しく対応しましょう。

 4-2. 適度な運動

運動不足になると、体の代謝が悪くなります。代謝が悪くなってしまうと老廃物が身体のなかにとどまりやすくなり、その結果として涙やけができやすくなります。

 4-3. エリザベスカラーを着用する

目元にホコリやゴミが入ったり、愛犬自身が触って傷つけたりしないようにするには、エリザベスカラーの利用が効果的です。特に目に傷がある犬の場合は、痛みや痒みのある個所を自分の前足でかこうとしたり、床や柱などに押し付けたりしようとしがちです。そして、新しく傷がついてしまうなどにより症状が悪化してしまいます。エリザベスカラーを利用する際には、併せて動物病院での治療もおこないましょう。

 4-4. しっかりと水分を摂取する

水分不足も涙やけの原因の一つなので、水分摂取を意識しましょう。どうしても水を飲みたがらないときには、ウェットフードの併用など、水分の与え方を工夫しましょう。また、動物病院で目の表面を乾燥させないために涙の成分に近い目薬を処方してもらうのもおすすめです、定期的に検診してもらい動物病院で相談してみましょう。

 4-5. サプリメントを利用する

涙やけ対策に効果的な栄養素を効率よく摂取できるサプリメントも市販されています。ただし、サプリメントの使用は、専門的な知見に基づいて慎重におこなうべきです。サプリメントに含まれる栄養素などで、フードによる栄養のバランスが崩れてしまうリスクもあるためです。サプリメントを使用する際には、必ずかかりつけの動物病院に相談してから判断しましょう。

5)まとめ

涙やけは見た目が気になるだけではなく、病気や不調が陰に潜んでいる場合もあります。重要なことは、できるだけ早く涙やけの対策をとり、愛犬が健康的に過ごせるように環境やフードを提供することです。涙やけ対策に効果的なフードの条件は4つあります。

・良質なたんぱく質を含んでいる
・消化が良い
・悪質な添加物を含んでいない
・アレルギー成分が含まれていない

ドッグフードの対策に加えて、水分の摂取や適度な運動などの対策を取ることで、涙やけの予防になります。

#ドッグフード #ドッグフードおすすめ #涙やけ
ページ
TOPへ